NO.004
大きなテーブルで家族の笑顔を囲む家

建物+庭の一体提案で、家族がゆったりと寛げる理想の家づくりを

のびやかに広がる北東角地を最大限に生かし、人通りの多い東側は木々と高低差のある外壁を設けて、西側にはプライベート空間を設けました。外部からの視線と、家族の生活動線の双方を事細かに計算し、周囲からの視線を気にせずに家族が暮らしをゆったり楽しみながら寛げる、住まいづくりにこだわりました。

柔らかで開放的な団らん空間 自然の風合いを生かしたリビング

真っ白な塗り壁や、天然木の素材感が生きる挽き板フローリングなど、庭の爽やかな緑と馴染むよう自然の風合いを生かした素材を選びました。高さ4mの吹抜けを設けたリビングは、肌触りのよい塗壁のおかげで柔らかな仕上がりとなり、開放的で落ち着いた雰囲気を演出しています。

リビングとシームレスに。のびやかに広がるテラス

西側のプライベートテラスは、室内との継ぎ目をなくした提案で、まるでリビングの延長線上にテラスがつながる大空間となりました。東西双方に設けた大開口が光と風の通り道となり、外との一体感をより深めています。テラス一部のオーバーバンクを活用し、洗面所から出入りができ雨風もしのげる物干しスペースを設けました。隅々まで理想や利便性を追求し、心地よさと共に実用性も両立させています。

理想の暮らしを叶えるオリジナル家具を含めたトータル提案

子供達と近い距離で会話を楽しむダイニング、ゆったり寛ぐリビング、勉強スペース…。思い描く暮らしを叶えるためのオリジナル造作家具も含めたプランをトータルで提案しています。家族の動線や目線、居場所などをヒアリングして、緻密な計算と微調整を重ねているため、ライフスタイルにしっくり合った心地よい空間に仕上がっています。

自分だけの空間と家族との繋がりも叶えたダイニングテーブル

こだわりの造作家具のひとつが、何度も打ち合わせをして完成したダイニングテーブル。椅子が回転する動きや子供達との距離感に配慮して一部をくり抜き、ご主人のエグゼクティブチェアを置くパーソナル空間を設けました。仕事や晩酌をしながら、ダイニングに集う子供達とも会話が弾む…、ご主人だけの場所だけど、家族とのつながりはいつも感じることができます。ふと、庭に目を移したときには、室内と庭が一体に広がって見えるよう地面の高さを上げて一工夫。夜は植栽がライトアップされ、家族団らんに彩りを添えてくれます。

CONCEPT
コンセプト

敷地条件を活かした建築と外構造園の全体計画により、理想以上の暮らしを創造し、自然素材のマテリアルと造園提案による憩いの空間提案にこだわりました。造作家具も含めたプランニングにより、家族の居場所を提案。家族のつながりや、程よい距離感も考慮した快適な空間づくりを重視しました。

DATA
施工データ

所在宮城県仙台市
工法在来工法
家族構成5人(大人2人、子供3人)
延床面積212.75
間取り5SSLDK
竣工年月2018年10月

その他の竣工実例

more