NO.020
家族が繋がる吹抜リビングの家

リビングの床を下げることで、吹き抜けの解放感をより感じることができ、リビングとダイニングが繋がっていても、別の空間のように感じることができます。

リビングの上にあるスキップフロアはキッズスペースとなっており、子供の遊んでいる邪魔にもならず、コミュニケーションをとることができるつくりになっています。

キッチンは家全体のナチュラルな雰囲気に合わせつつ、アクセントにタイルを貼ることによって短調にならないように。奥にはパントリーも設置して収納力も確保しています。

玄関からリビングへ繋がら廊下は、壁の角度を帰ることによって、リビングへ広がりを感じられ、自然とテラスにある緑に目が止まるようなつくりになっています。

いつでも部屋干しができるように配置された大きなサンルームには、吹き抜けリビングからの光や風を取り入れる窓を設置。廊下からもキッズスペースからもアクセスすることができるようになっています。

家の裏手にあるテラスは、リビングやダイニングから眺めやすい一に緑を置くことで、季節の移ろいを家の中にいながら感じることができます。

CONCEPT
コンセプト

当時住んでいた戸建ての住まいでの困り事が多く、
新たな住まいを計画しようとご相談いただいたのがスタートでした。

お子様が遊ぶをスペース広くしてあげたいというご要望を叶えながら、
家族が繋がりを感じられる住宅を提案させて頂きました。

LDKを中心に全体を吹き抜けでつなげ、スキップフロアで床の高さに変化させ、
家族の距離が近い場所と程よく離れてる場所が生まれる様に設計しています。

DATA
施工データ

所在宮城県仙台市
工法
家族構成
延床面積
間取り
竣工年月2020年6月

その他の竣工実例

more