NO.009
共働家族が嬉しい 「家事ラク導線」と 「快適リビング」のある家

共働き夫婦の「暮らしやすい」を考えた 家事動線づくりで家時間が充実

忙しく働くご夫婦が家時間を楽しめるように動線や収納の場所を徹底分析。キッチンから洗面所へ直接行き来できる配置にしたことで、洗濯と料理、片付けの同時進行が可能に。洗面所の片隅には家事スペースを設けて洗濯物をたたむ、アイロンを掛けるが一か所で完結し、日々の家事負担が一気に楽になった。

教材づくりに没頭し、リラックス… 主寝室奥に設けた自分だけの特別空間

3段のぼるスキップフロアはかねてからの希望だった「ひとりなれる場所」ここは、保育士として働く奥様が教材を制作する専用スペースはアールを描いたカウンターにはぴったりはまる半月のクッションを。天井いっぱいの棚は、絵本や小物を収納可。ワイドに広がる窓から四季ごとに移ろう景色を眺めながら創作に没頭し、日常から少し離れて一休みできる。贅沢なプライベート空間に。

木々の温かみ広がる開放的なLD 石目調が絶妙なスパイスに

壁、床、天井と四方を木々で囲み 高天井と南側の大きな窓で開放感を演出。 キッチンとダイニングテーブルは、空間のアクセントとなる「石目調」をチョイス。 キッチン背部はカップボードから繋がる、ひと繋がりのカウンターに仕上げ。書斎や補助暖房置き場など、予想以上に活躍している。

外部からの目線に配慮した 窓の位置と、外構計画

南東角地という魅力的な立地ながら道路を通過する人や車の目線は気になるところ。人通りが気になる東側には駐車スペースを設けて室内とのクッションに。南側の大きな窓付近には植栽やL字型の木の立柱を設けてプライバシーに配慮。外からの視線を気にせずゆったり寛げる空間が完成した

CONCEPT
コンセプト

テーマは「共働きライフを快適に」使い勝手とデザインを追求
共働きでお忙しく働くご夫婦のために、ご希望をくみ取りながら、家事動線に配慮したプランを徹底して考慮し、ご提案させていただきました。キッチンから洗面への動線に加え、洗面所に洗濯カゴを収納できる家事スペースを設けたことで、より家事がスムーズにでき、さらにキッチンと一体になったダイニングも配膳や片付けがしやすいと喜んでいただいております。

DATA
施工データ

所在宮城県柴田郡
工法木材軸組
家族構成夫婦+子供二人
延床面積123.79
間取り4SSLDK
竣工年月2019年

その他の竣工実例

more